亡くなった父が残した銭湯を守る為に町内会専用の肉奴隷と墜ちていく爆乳美熟女【西條るり】

三年前に両親を交通事故で亡くし、父が残した銭湯を継いでいるるり。近隣のマンション化などにより利用客は減少、町内会からの援助を受けながら細々と経営を続けていた。そんなある日、

交通事故で三年前に両親を亡くして父が残した銭湯を継いだるり。近隣のマンション開発などの近代化で小さな銭湯の利用客は減少し、町内会の援助を受けながらギリギリの経営を続けていたのだった。

しかし、ある日、酒好き女好きで下衆な町内会長が家にやって来て「この銭湯が無くなったら死んだ親父さんが悲しむだろうな…銭湯を続けていくには俺たちの力が必要だろ?」とるりに迫ってきたのだ。

ここで町内会長を拒絶してしまったら援助は受けられなくなると思ったるりは、屈辱的な性行為を必死に我慢するのだがやはり抗うことはできなかった。

しかも犯される快感を覚えてしまった町内会専用の肉奴隷と墜ちていってしまう。