息子のパンツに付着したザーメンの匂いに発情したおばさんが息子との近親相姦セックスで中出しされちゃう昭和のアダルトビデオ

ヘンリー塚本作品のような雰囲気を醸し出すBGMとともに熟れた色気を放つおばさんが洗濯をしています。すると洗濯物の中に息子の健一のパンツがあり、下着に付着した精液の匂いに男を感じてしまった彼女。

ノーブラにキャミソールで過ごす母を見ては健一は母親のおっぱいにザーメンをぶっかけたい願望でオナニーにふけっていました。その姿を目撃してしまった母もなんとその場で息子のオナニーする姿をオカズに自分の乳房やおめこをいじりだしオナニーを始めます。
近距離で自慰行為にふける母と息子。絶頂する際、母は「あぁ…イクぅっイクぅぅっ!」声を出してしまいます。

息子もさすがに気付き、たじろいでいるがなんとそこから母から以外な一言が。

「母さんがオナニーを手伝ってあげようか?」と言うとなんとこの親子はチンポのシコシこやり方//を聞きながら唾を付けて手コキ。竿を擦り上げながら睾丸もモミモミしながら「気持ちいい?」と聞く母はもう変態そのもの。

手コキだけでは我慢できなくなった母は息子のムスコを咥え込んでチュパチュパしゃぶり出します。手コキとフェラで息子の溜まったザーメンを発射させるとしれっと普段の生活へと戻ります。

これがきっかけで欲求を抑えられなくなった息子は母のキャミソールから乳房を露出させておっぱいにしゃぶりつきます。乳首をブチュブチュと卑猥な音を立てながら舐め、息子の舌は徐々に下半身に向かい母の性器までしゃぶり上げます。

それで興奮してしまった母も息子のチンポを丁寧にフェラすると快感が溜まって興奮状態の息子はギンギンに勃起した肉棒を母のおまんこに挿入します。

挿入後は立ちバックでパンパンと小気味よくピストンします。座位、騎乗位を経てテーブルに寝かせて正常位でフィニッシュピストンすると息子は昭和のアダルトビデオの如く膣の中にたっぷりザーメンを中出ししてしまいます。