停電、電車運休、大雨警報に見舞われ濡れ透けた美しい叔母と甥の一夜限りの過ち【白木優子】

上京して都内の会社に勤務して三年、やっと仕事が落ち着いてきて長期休暇を取って地元に帰省すると台風が直撃。

大きな木の木陰で雨宿りをしていると暴風雨で壊れた傘を持った優子叔母さんが駆け込んできて偶然再会した。

優子叔母さんは、昔と変わらず抜群に綺麗で昔から憧れを抱いていた僕は興奮を抑えられなかった。

20年間ものあいだ思い続けた優子おばさんへの想いは、暴風雨のように吹き荒れ叔母と甥が一夜限りの過ちを犯してしまう。